メモ帳
高橋明ヴァイオリン工房
イタリアのクレモナで開業しています。
ホームページ(現在改装中)
http://www.interq.or.jp/
gold/akiravln/


メールアドレス
akiravln@dh.mbn.or.jp
カテゴリ
全体
工房日記
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ


日本滞在記11(完結編)

日本滞在記11(完結編)

 デボラさんを6月12日の朝に関西空港へ送っていって、その足で私の母校、大阪府立大学へ直行。
私の研究室時代の恩師、中西繁光教授(現府立大学副学長)のお誘いで、「どのようにしてヴァイオリン製作を志すことになったのか」、学生さんたちの前で講演することになったのでした。

少し早めに到着し、学内を少しお散歩。懐かしい~! 私が卒業したのがもう14年前。でも当時の面影が少なからずあり、思わず学生時代にもどったような気分でした。
懐かしさもひとしお、講演の時間も近づいてきたので、とりあえず、学長室へ。
学長室では、南 務学長と、私の恩師中西繁光先生が温かく迎えていただきました。
c0108014_73239.jpg

チャイコフスキーコンクールで2位をいただいたヴァイオリンを前に、つのる話もたくさん。中西先生、お懐かしゅうございます~。

おだてられて、学長室で一曲披露。よろこんでいただきました。
c0108014_74236.jpg


公演時間も近づいてきたので、最後に記念撮影。
左から、南 務学長、私、そして私の恩師の中西繁光副学長です。
c0108014_742866.jpg


 講演会場は、私も学んだ学部の大教室。そこへ学生や先生たちが100人近く来ていただきました。

 でも、この依頼を始めて聞いたのは日本へ出発直前。そしてこの講演直前までデボラさんの観光同行していたため、何を話せばいいのか、なにも考えていない! びびり始めた私に、「思っていること、事実をそのまま話したらいいんだよ。」との、教授の温かいお言葉。 ほんじゃ、思ったまま話そうと、肝を据えて講演会場に入った私でした。
 学生時代、お世話になった寺岡義博教授の司会のもと、まずは4月に放映された私の出演番組「グッと!地球便」をみなさんに見ていただいて、それから私の講演に入りました。まずは、学生時代のこと、趣味で楽器製作を始めたこと、サラリーマン時代、それに脱サラしてイタリアに渡ったことなど。話すことを考えながらのたどたどしい話になってしまいましたが、みなさんの熱心さが私の心に伝わってきて、言葉があふれ出る感じがしました。
c0108014_751480.jpg


 後半は質疑応答。皆さんからの熱心な矢継ぎ早の質問に、私もつい熱が入りました。私も当時そうでしたが、若い学生の皆さんは、やはり「どの道に進もうか」とか「一生かけて打ち込める仕事」で悩んでらっしゃるのだなと思いました。私も、13歳のころからヴァイオリンに魅せられ、独学で製作と演奏を始めました。その後大学を卒業するまで10年、そしてサラリーマンとして6年の間趣味で楽器製作を続けておりました。そこまで魅せられた楽器製作でしたが、本当に自分が進むべき道はこれだと決断できるまでは、それまでの時間が必要だったわけです。その分、決断したからには迷いもなく、一生続けていく自信ができました。そんな私のつたない話をさせてもらったのですが、若いみなさんに少しでも参考になってくれればと思います。
 約1時間半の講演時間もあっという間に過ぎ去り、最後に皆さんに私のヴァイオリンを実際手にとって見ていただき、また私のつたない演奏も聞いていただきました。
c0108014_7657.jpg


学生さんの中には大学オーケストラのヴァイオリン奏者の方もいらしたようで、私のヴァイオリンの試奏もしていただき、楽しんでいただけました。
c0108014_763583.jpg

c0108014_765212.jpg


 私も、初めての講演ということで、つたないところもたくさんありましたが、若い学生たちの熱心さにエネルギーを貰ったような気分で、心に残る講演会となりました。熱心に聞いていただいた学生さんたち、先生方、そしてこういう場を準備していただいた中西教授、寺岡教授その他の関係者様に感謝の念がたえません。どうもありがとうございました。

 それから、ご紹介が遅れましたが、2008年春に発行された大阪府立大学の大学広報誌OPU Vol.3「躍」に私を取材していただいた記事が掲載されました。
c0108014_774818.jpg

c0108014_78725.jpg

c0108014_782824.jpg


この広報誌は、インターネットでPDF形式でも無料で配布されております。
見たい方は下記の大阪府立大学情報誌OPUのページよりダウンロードしてください。
1冊丸ごともダウンロードできますが、単独記事は、「OPU Interview06」でダウンロードもできます。

大阪府立大学 大学情報誌OPU Vol.03「躍」
http://www.osakafu-u.ac.jp/info/about/opu/vol03/index.html
さてさて、春の日本滞在記もこれでお終いです。
私も日本での最後のひと仕事を終え、韓国から帰ってきたデボラさんと一緒にイタリアへ帰っていきましたとさ。めでたし、めでたし。 あ~、疲れた!!
[PR]
by akiravln | 2009-01-04 07:08 | 工房日記 | Comments(0)
<< 日本一時帰国 日本滞在記10(韓国編) >>




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧