メモ帳
高橋明ヴァイオリン工房
イタリアのクレモナで開業しています。
ホームページ(現在改装中)
http://www.interq.or.jp/
gold/akiravln/


メールアドレス
akiravln@dh.mbn.or.jp
カテゴリ
全体
工房日記
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ


新工房開設のご報告

長らく更新が滞っていまして、申し訳ありませんでした。
やっとのことで準備が整いましたので、ここで新工房開設のご報告をさせていただきます。
友人の菊田浩さんと、クレモナにて共同工房を開設いたしました。
共同工房ということで、同じ工房内で作業するわけですが、仕事はそれぞれ各自の仕事をしますので、作業自体を共同でするわけではありません。
いままでは私も菊田さんも自宅内の工房で作業をしていたわけですが、これからはこの新工房での作業がメインとなります。

菊田さんとは2年前から共同工房の話を進めておりましたが、工房のいい物件がなかなか見つからなかったり、各種手続きに時間がかかったり(イタリアですので・・・)、本格的に稼働するのに今まで時間がかかってしましました。最終的に、幸運にもかなり広い物件が見つかりました。 少し小さめの体育館という感じです。
 
 いままでお互いに自宅内の工房で一人で作業していたわけですが、同じ場所で作業することで、作業のやり方の違いや新たな発見があり大変勉強になります。また自分一人では気付かなかったことも、近くに相談できる人がいるとすごく心強いです。お互いの作品によい意味で反映できたらと思います。

 この工房のことや、これからの作業など、ブログで少しづつですがご報告していきたいと思っております。

 私たちの新工房、これからどうぞよろしくお願いいたします。
c0108014_2335876.jpg
c0108014_2353365.jpg

c0108014_2361782.jpg

[PR]
by akiravln | 2010-02-21 02:36 | 工房日記 | Comments(22)
Commented by はた at 2010-02-21 08:40 x
むっちゃ広いですね!
うらやましい。。。
ここでならチェロの表板を開けながら、チェロの横板を組んだり、板を削ったりがラクに出来ますね。
お弟子さん(?)もここで仕事するのでしょうね。。
Commented by hilo at 2010-02-21 10:15 x
新工房開設おめでとうございます!
いやぁ~広くてノビノビお仕事出来そうで良いなぁ。
我が家の3畳1間工房はヴァイオリンでさえ、1台仕上げるまでにあちこちぶつけてしまいます(×.×)

それより何より、閉鎖的になりがちなお仕事でスペースを共有されるという前向きな姿勢、とても素晴らしい試みだと思います!!
いずれも超羨ましい。
Commented by kugacci at 2010-02-21 16:22 x
inaugurazione おめでとうございます! 良い工房ですね。 良かったですね、じっくり良い仕事ができますね!見学に行きたいです。
Commented by 高橋 明 at 2010-02-22 18:57 x
はたさま、こんにちは。 どうもありがとうございます。 この新工房、広さだけが取り柄です。(笑) これから、どのようにスペースを、使い勝手良くしていくかが課題ですね。 スペース的にはコントラバスでも作れると思いますが、問題は私の体力です・・・。(爆)
スペースがあってもなくても、作るスピードが変わらないのが残念!
慣れている工房が、一番仕事がはかどるのでしょうね。早く慣れて私そして菊田さんにとって仕事しやすい工房にしていきたいと思っております。
クレモナに来られた時は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
Commented by 高橋 明 at 2010-02-22 19:04 x
hiloさま、こんにちは。 どうもありがとうございます。 
この新工房、広さだけは広いので、夕方菊田さんが帰ったあと一人で作業していると、かなり孤独感に襲われます。(笑) 夕方誰もいない教室にひとり残されているみたいな・・・! ステレオの音楽が唯一の頼りです。 まあ、新工房に慣れてくれば、そんなこともなくなるのでしょうが・・・。 これからより充実させていって、いい工房にしていきたいと思っております。
Commented by 高橋 明 at 2010-02-22 19:06 x
kugacciさま、こんにちは。どうもありがとうございます。
長年の共同工房の開設が実現できて、とてもうれしく思っております。
クレモナに来られた際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
Commented by shige at 2010-02-22 21:46 x
高橋さん、こんにちは。
新工房開設おめでとうございます!!

こんな広い工房も何年かするといろいろと物が増えて狭く感じるようになるのかな~?(私は整理整頓苦手なので笑)
まあお二人ならば大丈夫でしょう!!多分・・・(笑)

では、お体に気を付けて~~
Commented by ふみや at 2010-02-22 22:53 x
高橋さんこんばんは。
新工房おめでとうございます。
何年後になるかわかりませんがクレモナに行ったときは是非立ち寄らせてください!
あとホームページも楽しみにしてます!
Commented by 奈良人 at 2010-02-23 01:03 x
ごぶさたしております。新工房ご移転おめでとうございます。広くなると、この季節結構寒くなりませんか?湿りや音の具合も変わってくるとおもいます。どうぞお体に気をつけて、これからもすばらしい作品を送り出してください。あ、製作台は前の工房そのままなのでしょうか。新調なさったのでしょうか?どちらにしても運び込むのは大変だったでしょうね。
Commented by 高橋 明 at 2010-02-23 20:08 x
shigeさん、こんにちは。 どうもありがとうございます。
新工房、まだまだスペースは広いですが、あとは時間の問題でしょうか?(笑) 私の自宅もはじめはすごく広く感じましたが、今は足の踏み場にも困ります。 これは私の片づけ方が悪いためでしょうが・・・。(笑) まぁ、新工房には菊田さんもいらっしゃるので、そんなことにはならないと思います。 たぶん・・・。 
Commented by 高橋 明 at 2010-02-23 20:10 x
ふみやさま、こんにちは。 どうもありがとうございます。
ぜひ、新工房にお立ち寄りくださいませ。 菊田さん共々、お待ちしております。 ホームページ、いましばらく改装中ですが、これを機に新装開店したいと思っております。 たのしみにしていてくださいね。
Commented by 高橋 明 at 2010-02-23 20:23 x
奈良人さま、こんにちは。 どうもありがとうございます。 こちらこそごぶさたしております。
 新工房、広いだけに寒いですね。でも暖房がしっかりしているので、30分も経てばぬくぬくです。 ただ、後から請求がくる暖房費が少し怖いですが。。。 それから、新工房にはなんと暖炉!があるので、作業中に出た木くずを燃やして暖もとれます。 一石二鳥!!
 それから、工作台ですが、菊田さん共々新調しました。 自宅でも多少の作業ができるように、もともとの作業台は各自の自宅に残してあります。 ただ私の工具はすべて新工房に持って行ったため自宅では現在作業ができず、私の自宅の作業台はただの物置台になってしまっていますが・・・。 いずれ工具ももうひとそろい購入して、自宅でも作業ができればと思っております。
Commented by 伊勢の観音 at 2010-03-01 23:03 x
新工房おめでとうございます~~!!
個々何回か欧州行ってもドイツまでで、なかなかクレモナまでたどり着きません、今年こそはお伺いできれば、、と思っています。
開設準備で大変だったとおもいますが、お体お大事に~~
Commented by 高橋 明 at 2010-03-03 17:29 x
伊勢の観音さま、こんにちは。どうもありがとうございます。
イタリアにご旅行の際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。 菊田さんともどもお待ちしております~。 新工房開設準備のため、しばらくの間仕事も止まっておりましたが、また頑張って仕事にはげんでおります。 進みましたらまたブログで紹介させていただきますね。お楽しみに~!
Commented by たぬ  at 2010-03-06 12:11 x
新工房設立おめでとうございます。
これからも、高橋様・菊田様にとって、
満足のいく逸品を製作できますように日本よりお祈り申し上げます!
Commented by 高橋 明 at 2010-03-07 18:08 x
たぬさま、こんにちは。 どうもありがとうございます。
菊田さんともども、これからもがんばっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by ebata at 2010-03-10 17:27 x
こんにちは、ごぶさたしております。
昨年の弦楽器フェアでお世話になった者です。
ブログでは初めてコメントさせて頂きます。

新工房開設、おめでとうございます!!
とてもきれいで素敵な工房ですね。
体育館ほどとは、その広さにもびっくりしました。

ここからまた、素晴らしい楽器が生まれていくのですね。
お二人のますますのご活躍をお祈り申し上げます。
Commented by 高橋 明 at 2010-03-17 18:04 x
ebataさま、こんにちは。 こちらこそ弦楽器フェアではお世話になりました。 お会いできてお話できてよかったです。
新工房、まだまだ設備が整っていないので、これからすこしづつよい工房にしていきたいと思っております。 
これからも、ブログで少しづつ紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね。
ebataさまもがんばってください。 いつかお作りになった楽器を見せていただくことを楽しみにしております。
Commented by ゆい at 2010-06-02 00:38 x
高橋さん、はじめまして!、
わたくし、昨年の弦楽器フェアで、友達と大騒ぎをして、興奮して高橋さんの楽器を買わせていただいた者です。
覚えていただいてますでしょうか?

あれから、とてもうれしくバイオリンを弾かせていただいております。
先生に高橋さんのバイオリンを鳴らせるには…というご指導を頂き、まだまだですが、頑張っております(^^)v

先日は、池袋・自由学園での日本バイオリン製作研究会で、宮地楽器の山本様にお会いしました。
「高橋さんの楽器を購入させて頂いた者です!」
とずうずうしく名乗り出たら、
「弾いて頂いてますか?」
と優しく声をかけてくださいました。
「クレモナには一度行くといいですよ」
とも!
いつか(というかそんなに遠くない将来)、行くつもりですので、其の時は工房にお邪魔させてくださいませ!

遅ればせながら(肝心なことが遅れました)、
ドイツ・ミッテランドでのコンクール4位おめでとうございます!
それから新工房開設おめでとうございます!

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

変な時期に、こんなコメントでごめんなさい。
Commented by akiravln at 2010-06-03 05:16
ゆいさん、こんにちは。 はい、よく覚えていますよ。お久しぶりです。 私の楽器をかわいがって頂いて、ありがとうございます。
ぜひクレモナにいらしてください。お待ちしております。新工房も菊田さんと一緒に動き出しています。 間もなくしたらミッテンヴァルトに楽器の引き取りに行ってきます。 その後に写真付きでブログに報告させていただきますね。 お楽しみに。
Commented by おきたま at 2010-09-05 18:10 x
はじめまして。BSJapanの『バイオリンの聖地クレモナ』で当地に日本人製作者がいらっしゃるのをはじめて見ました。それもコンクール入賞の腕をお持ちでいらっしゃるなんてすごいものです。
僕は阪急沿線の出身で、バイオリンやったことは一度もありません。というより普通のロープをこすっても音はでないのにバイオリンがどうして音が出るのか、ということもつい最近になるまでわからなかったくらい楽器にはうといものです。しかしこの楽器の生み出す音色にはものすごく惹かれます。心の美しい人でなければこの楽器は絶対に作れないですね。
この時代それも楽器職人の家に生まれたわけではない人がイタリアへこのような修行に行くのはずいぶんとためらわれたのかと思いました。日本人がイタリア語を習い、イタリアに学びに行くだけでもその社会的意義を周りに理解してもらうのは英語圏への留。学以上に大変だと思われます。それでも行ったのだから感動です
枚方出身だったんですか。レストランで友人と談笑の折に関西的な言葉遣いをしていたのがわかりました。
Commented by 高橋 明 at 2010-09-06 08:55 x
おきたまさま、こんにちは。テレビ番組からようこそ。
また再放送あったようですね、・・・私は知らなかった・・・(笑)。
イタリアだと情報がなかなか来ませんので・・・。
異国の地だといろいろ大変なことがあり、もう10年近くになりますので、大分慣れましたが、それでも大変です。でもその苦労が悪いほうに楽器に表れないようにしたいですね。これからもよりよい作品を作り続けていきたいと思いますので、遠い地から応援よろしくお願いします。ヴァイオリンはどこまで行っても研究しつくせないものだと思います。知れば知るほど、知らないこともわかってくるというか・・・。でも、知ればそれだけヴァイオリンがいとおしくなると思いますよ。おきたまさんも、ヴァイオリンへの興味を持ち続けてくださいませ。きっとヴァイオリンもそれに答えて、それだけの喜びを与えてくれることだと思います。
<< 良い知らせと悪い知らせ 新年のごあいさつ >>




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧