良い知らせと悪い知らせ

またまた長らくご無沙汰しておりまして、すみません。
今回は、良い知らせと悪い知らせがあります。

まずは良い知らせから。
先日ミッテンヴァルトで開催された国際ヴァイオリン製作コンクールに参加しました。
私が参加したヴァイオリン部門は、参加台数100台以上という中で第4位という好成績をいただきました。入賞は3位までなので、惜しくもメダルは逃しましたが、十分に満足な結果です。
クレモナから一緒に参加した菊田さんは今回は惜しくも20位でしたが、それでも参加総数から考えると十分に上位の結果です。今回の菊田さんの楽器を弾かせてもらいましたが、いつものごとく外観も音も申し分ないハイレベルな作品でした。クレモナとは異なる伝統を持つ地で、全世界から集まった審査員に気に入られて高い評価を受け続けることがどんなに難しいか、改めて思い知らされたコンクールでした。

コンクールの詳しい経緯は、また改めてブログで紹介するとしますね。

ミッテンヴァルトのコンクール展示会場
c0108014_1820810.jpg


第4位の私のヴァイオリンと記念撮影
c0108014_18213211.jpg


今回第4位をいただいた楽器です。 クリックするとでかく表示できますよん。
c0108014_18225924.jpg

c0108014_18244481.jpg

c0108014_18264285.jpg

c0108014_1828312.jpg

c0108014_18311769.jpg

c0108014_18323166.jpg


この楽器は東京小金井にある、宮地楽器小金井店ショールームに見本品として展示予定です。興味のある人は行ってみよー!


さてさて、最後になりましたが、悪いお知らせがひとつ。
今回のミッテンヴァルトに楽器を引き取りに行く前日、新工房にて仕事中に自宅に空き巣に入られました。金目のものは無かったのですが、購入して1年あまりしか経ってないノートパソコンや一眼レフデジカメ一式が盗難にあいました。デジカメやパソコンなどはまた購入できますが、パソコンに保存していたデータが同時に無くなってしまったことが、なによりも残念です。バックアップの大切さが身にしみてわかりました。同時にそれまで準備していたリニューアルホームページも白紙に逆戻り! お待ちいただいていた皆様には申し訳ないことです。また一からはじめます。
 現在は、以前使っていた古いパソコンを再度立ち上げて使っておりますが、もともと壊れかけていたパソコンなので、ADSL回線に接続が難しいです。そのため、このブログも通常電話回線を使ってやっと更新できた次第です。 
当分の間は、この状態で少しづつ様子を見ることになると思います。 
でも、通常回線、死ぬほど遅い~

 
[PR]
Commented at 2010-06-29 10:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のりのり at 2010-06-29 22:36 x
(;・□・)・・・・・・・・・・・・・・・

高橋さん☆こんばんは

悪いお知らせって・・・お知らせって・・・もちろんこれまでのデータが全て無くなってしまったのは残念な限りなのでしょうが。。。
(;>□<)あ、空き巣って!!!

物を取られたり、他人が自宅を徘徊(?)してたなんて・・・とってもショックだと想像します。。。そして遅い回線も。
でも・・・ドロボーと鉢合わせでなくて・・・よかったです。(たぶん)

コンクール4位おめでとうございます!

とっても辛口な採点だな~と思いながら結果を見ました。
せっかく1位が開いてるんだから、1つずつずれてくれたらいいのに。。。
と思うのですが、1位がいなかったということは、審査員の皆さんにとって1位に値する作品ってどんなんだろう、って想像しましたし、なんか・・・逆に、「空いてるんだから次は頑張ってね!」って挑戦(??励まし?!)されてるような感じもしました(・ー・)♪

コンクルってなんか面白いですね!←他人事???

音がUPされるのも楽しみに待ってマース♪
Commented by みっちゃん at 2010-06-30 17:53 x
素敵~~~。
音色を拝聴したいです。
ミッテンヴァルトは数年前、良く行きました。

空き巣!!!!私も昨年3月にやられました。。。。
ユーロやドル、切手やドンぺリまでごっそり持って行かれてしまいました。
引き出しという引き出しは全て開けられていました。
スプーンなど引き出しなどは気持ち悪くて、全部洗ったんですよ。
相当なショックでトラウマになっていました。
ドアや窓は何度も何度も閉まっているか確認している自分がいます。。。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-02 05:45 x
非公開コメントさま、いつもアメリカから激励のメール・コメントありがとうございます。どこでも海外で生活するというのはお互い大変ですね。空き巣なんてものにめげず、これからもがんばって精進していきます。また、いいご報告ができるようにがんばっていきますので、応援してくださいませ。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-02 05:59 x
のりのりさま、いつもありがとうございます。タイトルで驚かせてしまったようで、申し訳ありません。私も空き巣のトラウマが落ち着くまで1ヶ月ちかくかかってしまいました。
そうですよね~、私も同じことを思いました。1位無しなら、ひとつづつずらしてもらえれば、3位入賞になったのに!・・・なんて。
でも、聞くところによれば、これはコンクール規程で、何点以上でないと1位になれないとか・・・! 結局、採点(ヴァイオリン部門の音響審査の採点)が厳し過ぎたようですね。100台以上のヴァイオリンの音響審査の採点平均よりも、数十台のヴィオラやチェロの採点平均が高くて、1位もいるというなんて・・・。
まあ、これも評価の1つとして、真摯に受け止めてこれからも精進していきたいとおっております。 この作品の音色ですが、いつものごとく新工房で試奏した映像を録画しております。あとはYoutubeにアップするだけ。楽しみにしていてくださいませ。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-02 06:11 x
みっちゃんさま、おひさしぶりです。いつもどうもありがとうございます。
そうですか、みっちゃんさまもやられましたか・・・。 私も家も、引き出しやら衣装ダンスやら、中にあるものを床に放りだされてあり、家中足の踏み場もないほどでした。 トラウマが残りますね。でも、これもいい教訓として考えていきたいと思っております。
後から考えてみると、家の中の荒らされ具合から、泥棒の考えていたことがわかります。私にとって一番価値があると思っているものが泥棒には興味がなかったようですね。この辺も、またの機会にブログにアップできたらと思っております。
Commented by オムリン at 2010-07-02 22:05 x
4位おめでとうございます。
昨年の弦楽器フェアのとき、バイオリンをお世話になったビオラ弾きです。楽しく弾いています。弓の試奏も長時間お願いしてしまってすみませんでした。

ところで、こういうコンクールでは入賞作品の公式写真などはないものなんですか。どういう楽器が入賞するのか興味をそそられるのですが。スナップショットでもあればバイオリンやビオラのをアップしていただけないものでしょうか。お忙しいのにすみません。
Commented by ebata at 2010-07-02 22:49 x
高橋さん、こんばんは。
ミッテンヴァルトのコンクール4位、おめでとうございます!
とても美しいバイオリンですね。アップされた写真を右から左から眺めております。動画を公開して下さるということで、音色を聴くのがとても楽しみです。
国際コンクールは各国の審査員の方が集まるのでしょうか、そのときどきで異なる判断基準や時流の中で高い評価を得ることは本当に大変なことですね。ミッテンヴァルトのHPを見たのですが、様々な国の参加者かつ出品総数は100台以上(!)、ますますすごいなあ・・・!と思いました。
先日、地元で演奏の国際コンクールを見る機会があったのですが、国や教育ごとに違うカラーを感じまして、製作のコンクールもこういったたくさんのカラーがあるのかな、と思いました。大変なことではありますが、おもしろいですね。

そして空き巣の事件!大変でしたね!
自分の家に知らない人が入り込んできて、家の中を荒らして物を盗られて・・・心中お察し致します。とてもショックですよね。
でも、空き巣と鉢合わせなくて本当に良かったですね。
やはり身の安全が一番ですから・・・どうかお気をつけてお過ごしください。
Commented at 2010-07-03 05:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆい at 2010-07-04 06:56 x
高橋様、改めましてコンクール4位、おめでとうございます!
お写真を拝見しているだけで、素晴らしいお顔のバイオリンだなあと嬉しい気持ちになりました(^^)v
ぜひ宮地楽器さんに見に行きたいと思います。
動画アップも首を長くして待っております^^!

それにしても、空き巣とは大変ですね。
PCデータが無くなると、しばらく何もす気がなくなってしまうのはないでしょうか?
そんな中のこの記事のアップ、ありがとうございます。
早くPC環境が整いますように、そして空き巣からの心の傷と物理的な被害の傷が早く癒されますように・・・!

話は変わりますが、高橋さんのバイオリンを最初に会社の子に自慢したときに、会社の子が書類番号を見て「製作100台になったらお祝いイベントをやるのでしょうか?」と突然言い出し、「そうだっ! 100台になったら高橋さんの子供たちを持って皆で集まってお祝いをすべきだ(^^)v」などと勝手に盛り上がりました^^;
世界中いろいろなところにいる子供たちは、現在何台なのですか?
本当に、そんなお祝いイベントができたらいいなあ・・・と妄想です^^;
益々のご活躍を楽しみにしております!
Commented by 高橋 明 at 2010-07-05 18:03 x
オムリンさま、こんにちは。 弦楽器フェアに来ていただいて、ありがとうございました。 悲しいこともありましたが、それをバネにがんばっていこうと思っておりますので、お気になさらず。 無くしたデータも多いですが、残っているものでがんばって更新していきたいと思っております。
 コンクールの公式カタログもないようですので、写真など公式発表されることはないかもしれませんね。私の撮影した展示会の写真は次回(またはその次・・・)に掲載予定ですので、おたのしみに。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-05 18:10 x
ebataさま、こんにちは。 たのしんでいただけて、なによりです。
国際製作コンクールによって、審査員の音や外観の好みやスタイルが違いますので、評価や結果が大幅に異なることもありえます。 今回クレモナスタイルには厳しい審査結果でしたが、その中で上位に残れたことは幸運だったと思います。これもebata様を含めみなさまの応援のおかげだと思っております。ありがとうございました。
空き巣の件では、ご心配をおかけしました。 そうですよね。なにより鉢合わせしなくてよかったと、今頃胸をなでおろしております。不幸中の幸いだったと思って、これからもがんばっていきたいと思っております。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-05 18:19 x
ゆいさま、こんにちは。どうもありがとうございます。
動画アップも楽しみにしてくださいませ。(いつものごとく、私の演奏なのですが、日々の練習不足がたたって、それだけが心配です・・・笑)
未だに通常電話回線接続ですが、早くもとの環境にもどしたいと思っております。心のトラウマも時間がかかるでしょうが、少しづつ回復して、いい勉強になったと思ってこれからもがんばっていきたいと思っております。
「100台記念パーティ」、面白そうですね。 私の遅い製作スピードでは、まだ数年かかると思います。 でも、この業界、100台作ってやっと一人前といわれておりますので、私なんかまだ半人前ですね・・・。 やっぱり恥ずかしいので一人でひっそりと祝いたいと思います・・・(笑)
Commented by 源 信正 at 2010-07-12 20:12 x
高橋様
はじめまして。
砥石奮戦記を久しぶりに見ようと思ったら無くなってました。おバカな失敗談はとても参考になってたんです。
曽祖父の打った刀が天井裏から出てきてそれの再生方法を検討してたときに発見した面白い談話でした。
是非再度載せてください。
素敵なヴァイオリンを作ってる高橋様としてはそのプライドのため、載せにくいと思いますがよろしくお願いします。
Commented by 高橋 明 at 2010-07-15 17:27 x
源信正さま、こんにちは。 私のブログを見ていただいて、またホームページのリニューアルを楽しみにしていてだいて、ありがとうございます。
ホームページのリニューアルの件に関しましては、こちらのブログではなく、私のホームページに記載してあるメールアドレスの方に直接送っていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 
by akiravln | 2010-06-28 18:33 | 工房日記 | Comments(15)

イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31