新作楽器1

いつもながら、ごぶさたしております。
クレモナは、数日前までの雨続きから、すっかり晴天になり、夏が近づいております。
日本では、関西の弦楽器展示会が盛況に終了したようですね。
共同工房の同僚、菊田さんも、活動的に東京の宮地楽器に滞在されているようです。
私はクレモナ居残り組みで、がんばって仕事しております。

さて、昨年末から作り続けていた3台の楽器が完成しました!
ヴァイオリン2台と、ヴィオラ1台です! わ~パチパチ!!!
c0108014_18354697.jpg


この3台の楽器、宮地楽器小金井店にて、5月12日から20日まで開催される弦楽器フェアにて紹介されます。この弦楽器フェア、私の他にクレモナの巨匠たちも一緒に展示されます。
私の在学時代の恩師プリモ・ピストーニ先生や、現在のクレモナの巨匠フランチェスコ・ビソロッティなどなど・・・。 私も行って見てみたい!!

c0108014_18361545.jpg



宮地楽器小金井店弦楽器フェア
http://strings.miyajimusic.jp/sale/


まずは、3台の楽器で、左端のヴァイオリンから初回しますね。
他の楽器は、引き続き紹介したいと思います。

この楽器は、1715年アントニオ・ストラディヴァリのモデルです。
裏板の虎杢も細かい材料を選別し、上品な仕上げで仕上げました。
音も、明るく張りのある音質になりました。

クリックすると、大きく表示されます。
(大きめにアップロードすると、写真の右端が切れてしまうのですね・・・。クリックして大きくしてみてくださいませ)

c0108014_1836565.jpg


c0108014_18375294.jpg


c0108014_18381332.jpg


c0108014_1838344.jpg


c0108014_18385716.jpg


c0108014_18391579.jpg


c0108014_1839312.jpg


c0108014_18395164.jpg


c0108014_18401482.jpg


見ていただき、ありがとうございました。
引き続き、残りの楽器もご紹介しますね。
[PR]
Commented by R at 2012-05-04 19:11 x
かわいい、とっても素敵な楽器たちが生まれましたね。
おめでとうございますϵ( 'Θ' )϶
私も高橋さんのバイオリンみたいなあ。(=´∀`)人(´∀`=)
Commented by すばらしい at 2012-05-04 19:48 x
バイオリンって綺麗ですね。初めてじっくりと見せていただきました!
Commented by シカ at 2012-05-05 18:00 x
うむぅ!3台も同時に作成されていたのですかぁ?しかもヴィオラまで...。宮地楽器さんの弦楽器フェアでは、この3台がさぞ目立つでしょうね。中には「コンクール」に出品される楽器もあるのかも?よ~しっ、宮地楽器さんに行って、祈祷しておきましょうか!私の祈祷には昨年の実績がありますからねぇ(済みません。祈祷の効果では無く、製作家の実力です)。3台の楽器に早く良いお名前がつく事を楽しみにしています。
他の2台の紹介も楽しみにしています!
Commented at 2012-05-05 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 高橋 明 at 2012-05-05 22:28 x
Rさま、こんにちは。 どうもありがとうございます。
今回は、3台のうち一番先に完成したヴァイオリンを紹介しました。
二男一女の長男くんヴァイオリンです。 次回のブログでは次男くんヴァイオリンを紹介する予定です。最後は一番下の長女ヴィオラちゃんの「蝶杢ちゃん」です。 (イタリア語ではヴァイオリンは男性名詞、ヴィオラは女性名詞なので・・・)
ちなみに、次男くんと長女ちゃんは、現在中国上空あたりの飛行機の中です。間もなく日本到着です!
Commented by 高橋 明 at 2012-05-05 22:30 x
「すばらしい」さま、はじめまして。 褒めていただいて、どうもありがとうございます。 あと2台の楽器も写真をたくさん掲載しますので、どうぞお楽しみくださいませ。それぞれの楽器の微妙な違いをおかわりいただけるでしょうか。
Commented by 高橋 明 at 2012-05-05 22:39 x
シカさま、こんにちは。お久しぶりです。
そうなんですよ。3台同時で作っておりました。
そのため、時間もかかってしまいましたが。 ブログも停滞していたのは、そのためですね・・・。(無理矢理な言い訳!)
今回の楽器、一応コンクール用に作っていたわけですが、宮地楽器さんのフェアのために提供させていただきました。 そのため、コンクールに出品する予定はないのですが、もしフェアで売れ残ったら、送り返してもらって、コンクールに出すかも!?
次回のコンクール用は、現在がんばって別のものを作っておりますので、シカさまの強力な祈祷はぜひテレパシーでイタリアまで飛ばしてくださいませ~。
Commented by akiravln at 2012-05-05 22:48
非公開コメントさま、はじめまして。書き込みありがとうございます。
宮地楽器での弦楽器フェア、楽しみにしていてくださいませ。 残念ながら私はその場におりませんが、できることならばイタリアから飛んで行きたいです・・・。
試奏も、もちろんできますよ。 
さて、ご質問の件ですが、改めてメールでお返事させていただきますね。 いましばらくお待ちくださいませ。
Commented by syougo.m at 2012-05-22 20:54 x
長男は僕のところに住み着きました!
名前は何がいいでしょうか?
11月の宮地楽器のお祭りに行けるかもしれません!
Commented by 高橋 明 at 2012-05-24 21:27 x
syougo.mさま、はじめまして。 長男くんの里親さまですね。(笑)
どうぞ、かわいがってやってくださいませ。
完成した印象は、元気はつらつの明るい男の子という感じです。 名前はぜひsyougoさまが命名してやってくださいませ。
イタリア語では、ヴァイオリンは男性名詞ですが、別に男の子の名前でなくても、女の子でもいいですよ。 ドイツ語では女性名詞ですので。
11月のフェアでお会いできることを楽しみにしております。
どうもありがとうございました。
by akiravln | 2012-05-04 18:46 | 工房日記 | Comments(10)

イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31