弦楽器フェアの裏話(設営準備)

 裏話というほどではないのですが、一般のお客さんには通常見ることはできないブース準備の様子などご紹介しちゃいます。

 私たちの宮地楽器小金井店のブースは。毎年あまり変わり映えのないブースだと感じる人もいるでしょうが、今までいろいろな試行錯誤をして10年かけてまとめ上げてきたブースです。
 それでも、半年も前からメールなどでみんなで打ち合わせをして、よりよいブースになるように細かい改良もしております。
 
c0108014_21252954.jpg

 ここでは、設営でどんなことを我々がやっているのか、少しご紹介します。

 設営日はフェア前日の11月3日、お昼過ぎにフェア会場に集合。イタリア在住組は昨日到着して時差ボケ全開の人もいます(・・・私!)

 業者がしてくれるのはブースの壁(枠組み)だけで、それに長机が置いているだけです。
c0108014_21255657.jpg


まずは、机加工のグループと、パネル取り付けのグループに分かれて作業開始!
c0108014_21261875.jpg


机加工のグループは、長机の上に発砲スチロールの板を取り付け、長年の経験から割り出した絶妙な高さになるように加工! 
c0108014_21264535.jpg


その上から化粧布を取り付けます。
c0108014_2127213.jpg


パネル組は水平に基準糸を張り、それに沿ってパネルを取り付ける釘を打っていきます。
c0108014_21272624.jpg


パネルに吊るすためのテグス糸を結びつけます。
c0108014_21275585.jpg


慣れないテグス糸に悪戦苦闘する某製作者二人・・・!
c0108014_21282811.jpg


そこにさっそうと現る救世主 マエストロ天野!
c0108014_21284615.jpg


あっという間にテグスを取り付けてくれました。
c0108014_2129142.jpg

(さすが、釣りが趣味だけのことはある天野さんでした)

いよいよパネル取り付けに入ります。
パネルのテグスをひっかけるためのフックを壁に取り付けます。
背の高い人はそのまま、そうでない人は脚立に乗って・・・!
c0108014_2129393.jpg


近くで見ると、でかいパネルです。
c0108014_21302535.jpg


皆さん原寸大のパネル写真ですが、なぜか私だけ実物の顔のほうがでかいです・・・。
c0108014_21304885.jpg


今回、宮地楽器100周年を迎えるとのことで、100周年記念ヴァイオリン弓が発売されます。なんとフロッグに取り付けられた小さいレンズを除くと、写真が見えるとのこと!
c0108014_21311721.jpg

自分の肖像写真や、子供たちの写真、愛犬の写真など、ご購入者のご希望の写真を入れてもらえるとのことです。(詳しくは宮地楽器ホームページまで)

今回は、ほかのブースと背中合わせだったため、壁一枚向こうにはお隣のブースが・・・。
壁の釘打ちには気をつかいます。
c0108014_21314114.jpg


ブース設営も終わって、最終的にみんなで最終チェック! 
c0108014_2132098.jpg


こんな感じに仕上がりました~!
c0108014_21321758.jpg


さすが10回目ともなると設営の早いこと早いこと・・・! 
人数が増えたのもありますが、みんなで手分けして、2時間余りで完成!

これで、翌日から皆さんをお迎えするブースが完成しました。

やっていることは手作り感満載の大学祭のようですが、仕上がりはシンプルかつ洗練された品のいいブースになるわけです。

準備日の裏話はこれでおしまい。楽しんでいただけましたでしょうか~?


P.S. ちなみに設営作業に写っていない菊田さんは、さぼっていたわけではなく、写真撮影担当でした。
これらの写真も菊田さん撮影です~。





.
[PR]
by akiravln | 2016-11-15 21:36 | 工房日記 | Comments(4)
Commented by Junjun at 2016-11-16 09:41 x
高橋さん、楽器フェアの裏話?(*^_^*)
アップ有難うございます。まるで、その場に一緒にいるような感じで楽しく拝見致しました。

普段では、みれない部分でしたので、こうして
皆さまが 来場者の為に色々考えてくださっているのを改めて知る事で、フェアをまた違う目線で楽しむ事ができます。

毎年微妙に、展示場所が変わったり、配置が変わったりするのは、フェアのかなり前から考案を練っていたとは!

また、来年はどんなブースになるか楽しみにしていますね。m(._.)m
って、もう来年の秋を?早っ。(o^^o)

ではでは、お身体御自愛のほど
ご活躍を陰ながら応援しています!
Commented by akiravln at 2016-11-17 11:08
junjunさま、コメントありがとうございます。
フェアの裏話(?)、楽しんでいただけてなによりです。
本番だけで見ると、専門業者がセットアップしてくれているように見えますが、ほとんど自前の手作りなのです。
こういう裏側の我々の努力も見てもらいたくて、ご紹介しました。
来年も、皆様に楽しんでいただけるようなレイアウトになるように頑張ります。楽しみにしていてくださいね。
Commented by そろそろトナカイ at 2016-11-19 18:31 x
高橋さん、弦楽器フェアお疲れ様でした。所用が立て込んでいて、ゆっくりお話できませんでしたが、またお会いできる機会を楽しみにしています。
はぁ、、、。バッハのシャコンヌですか!やはりこの曲に御縁があるみたいですね。いつか、高橋さんの「紅いチャイナ服を着て演奏する姿」を観せて頂けると信じています。「ミニ・カンナ」、準備しておきますので、眼をうるうるさせて「こう言う時、音楽やってて良かったなぁ」って言って下さい。(あのTV番組から8~9年経つんですね)

会場設営も大変そうですね。第三者から見ると、武蔵小金井へ行く前に、シベリアに行かされた感じですよ。いつか、M楽器さんが、往復ファーストクラスで送迎してくれるかも知れませんね。和製、ストラディバリを目指して頑張って下さい!

おかげさまで、蝶杢君は元気いっぱいです。蝶杢ちゃんはフランスに行っちゃったみたいですが、また機会がありましたら、兄、妹揃ってお父さんに会って頂きたいです。

では、また近い内にお会いできる日を楽しみにしています。
Commented by akiravln at 2016-11-20 20:51
そろそろトナカイさま、こんにちは。フェアではおせわになりました。
弦楽器フェアも過ぎるといよいよトナカイの時期ですね!
日本でおいしいものを食べすぎて少し太りましたので、チャイナ服ではなくマタニティドレスで、ということで・・・。
いつかはファーストクラスに乗ってみたいですが、いつになることやら・・・。
蝶杢姉弟のご対面は、3年前でしたかね? 一緒にパリに行きましょうか?(ファーストクラスで)
<< 新作楽器の紹介 弦楽器フェアのご報告 >>




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧