仕事中のお遊び!

今日も相変わらず朝からお仕事!

仕事ばかりでうんざりしてきたころに、版画の先生からお電話。4月からクレモナで開催される国際版画ビエンナーレにて日本から参加してくる版画家たちの名前をチェックしてほしいとのこと。いい気分転換とばかりに先生の工房に行ってきました。名前のチェックというのは、日本人の苗字と名前を判別するだけのこと。それだけでもチェックしておいてよかった。やっぱし日本人版画家の半分以上が、苗字と名前が逆だった。それでも一人だけ名前か苗字かわからない人がいた。もし逆に掲示されていたら私のせいです。(笑)

家に帰ってそのまま仕事の続行。3台分のヴァイオリンのスクロールの荒削りをする。
1台作るより2台同時に作った方が、手が作業に慣れるし使用工具も引き続き使えるので作業の準備時間の節約になるのですが、3台以上同時進行すると同じ作業ばかりで飽きてくるのが欠点。それに荒削りなど力を入れる作業の場合、手の同じ場所ばかり使うので手が痛くなってくる。結局1台づつ作った方が新鮮な気持ちで、てきぱきと作業を進めることができるのではないかと最近やっと気づいた。でも、溜まっている仕事が多くて、やっぱり今回も同時進行。

今回同じモデルで3台同時進行しているので、仕事の途中にこんなことをやって遊んでおります。写真を撮ってみました。
c0108014_8253285.jpg

第1週目の渦巻きが終わったところ。渦巻きの中心部分が残っているので、3つつなげるとちょうど丸棒が貫通しているように見える。うははは~!仕事に疲れているとこんなことでも面白く思えます!(泣~!!!)
[PR]
Commented by 奈良人 at 2007-02-03 23:06 x
いやー一個の材料から器用に3つネックを彫り出してあとでプラモみたいに切り離すのかと思った。錯覚ですね。・・・
Commented by 高橋明 at 2007-02-04 06:50 x
奈良人さま、コメントどうも!
そう思っていただけたら光栄です。
今回の3台の木材の色が微妙に異なっているので、本当につながって見えないですね・・・。同じ色調の材料なら、もっと本当につながっているように見えますよ、きっと。
でも、1個の材料から3台分作って、後で切り離すのは大変そうですね。頭のなかでやってみようとしましたが、どうノミを入れて削ればいいのかわかりませんでした(笑)!
by akiravln | 2007-02-02 23:30 | 工房日記 | Comments(2)