S.F.サッコーニ著 「ストラディヴァリの秘密」

昨日は一日家から出ずに仕事していたので、本日は日曜日ということもあって仕事以外のことをしておりました。

ヴァイオリン製作者のバイブルとも言える名著 S.F.サッコーニという人が書いた「ストラディヴァリの秘密」と言う本があります。
c0108014_6101054.jpg

ストラディヴァリの楽器を何百と修理して研究したサッコーニ本人が書いた研究書で、1972年に初版が出版されました。私も長年参考にしてきましたが、なにせ原著はイタリア語。イタリアに来てからも、正直言って斜め読み程度でした。お恥ずかしい!
 それをこの機会にしっかり読んでみたく思い、昨年末から日本語翻訳をすることにしました。翻訳といっても、出版するつもりはありませんが・・・
c0108014_6241663.jpg

本日、日曜日はイタリア人の友人宅に赴いて、翻訳のためのアドヴァイスを受けておりました。なにせこの本、イタリア語が難しい!普通の新聞記事や雑誌を読むようにはいきません。1文が長い!ひどいときはページの半分くらいは1文です!主語と述語が5行くらいに離れて書かれております。イタリア人の友人も、「こんな文章は前世紀(もちろん19世紀)のだ!」とか、「こんなややこしい文章わしにもわからん!」とぐちっておりました!
c0108014_6251243.jpg

さて、現在半分くらい終了。あいた時間に進めているので、いつになったら終わるのか不明!私よりイタリア語がうまい日本人、かわりにやってくれ~
[PR]
Commented by まーさ at 2007-02-19 21:57 x
日本語訳いいですね。実費と翻訳料払うので、日本語版下さい。
Commented by 高橋 明 at 2007-02-20 05:59 x
まーささん、早速の書き込みどうも。
一人目の書き込みですので、特別にまーささんに1部贈呈決定!
特別なので、他の人は受付ませんから!
実費はいいので、今度焼肉おごってね。
でも完成はまだまだ先になりそうですが・・・!
Commented by まえhら at 2007-02-20 12:30 x
イタリア育ちの日本人ピアニスト知ってま~す。
両方ペラペラですがやってくれるかナ、どうかナ、わかりません。
仕事としてなら持ち込めるかも。
Commented by 高橋 明 at 2007-02-21 01:08 x
まえはらさん、ご紹介どうも。
でも、この本は製作関係の専門書で、専門用語や特別な使いまわしがばんばんでてきますので、イタリア語ができてもヴァイオリン製作者でなければ、ちんぷんかんぷんだと思います。ちなみに私がアドヴァイスもらっているイタリア人の友人もヴァイオリン製作者ですが、それでも・・・!
まぁ、こつこつと地道にがんばりますね。どうもありがとう。
Commented by ながはら      永原完一 at 2007-03-03 23:34 x
スクロールの製作の部分。すばらしいの一言に尽きます。もちろんみんな(F孔とか)すばらしいですが、、、。写真見て、”ひゃー” と思いました。
Commented by 高橋 明 at 2007-03-04 09:35 x
永原完一さん、コメントどうもありがとうございました。
これからも、みなさんを”ひゃー!”と言わせるようにがんばっていきますね。応援よろしく!
by akiravln | 2007-02-18 23:55 | 工房日記 | Comments(6)