東京弦楽器フェア告知&サント・セラフィン完成!

みなさま、またまたご無沙汰してしまいました。
いろいろな行事が近づいてきて、慌しくしております。

さて、クレモナでは10月5・6・7日と開催される国際楽器見本市「モンドムジカ」が間近にせまり、街もなんだか慌しくなってきております。でも、私は毎日工房で作業の連続・・・!

といいそぎ、告知です。
11月2・3・4日に東京竹橋の科学技術館で開催される「2007弦楽器フェア」の宮地楽器さんのブースにて、私こと高橋明、そして菊田さん、天野さんの楽器が展示予定です。ついでに本人もブース内に置いてもらえることになりました。(笑)
みなさんに会場でお会いできることを楽しみにしております~。

弦楽器フェアの紹介ページ
http://park10.wakwak.com/~jsima/fairinfo/fair2007/fairinfojp.html

宮地楽器さんの紹介ページ
http://strings.miyajimusic.jp/

う~、まだ帰国日程決めてない~! あせる~!!(←毎年のことです)

さてさて、いよいよサント・セラフィンモデルが完成しました。
完成までの長かったこと!!! 構想1年、製作4ヶ月というとこでしょうか!もちろんこの1台にかかりっきりだったわけではないのですが、それにしても時間かかりすぎです。気長に待ってくれていた注文主さんにも感謝です。でも、その分いい楽器に仕上がったと思います。
今回、サービスで掲載写真増量!

今回の目標だったのは、手の小さい注文主さんに合わして、少し小型のサント・セラフィンをモデルに選んだこと。そして、ストラディヴァリよりも精密で丁寧な仕事をしたといわれるサント・セラフィンにどこまで近づけるかということです。
c0108014_6175196.jpg

c0108014_6182282.jpg


胴体は小型なことはもちろん、ネックも細めにして、弦長もわずかですが短めです。

サント・セラフィンの丸くてかわいいf字孔、ぷっくりと膨らんだ表板・裏板など特徴がよく出ていると思います。
c0108014_6192080.jpg


スクロールも、繊細なイメージです。ストラディヴァリよりも半巻き多めにうずまいているのが、サント・セラフィンの特徴です。
c0108014_620145.jpg
c0108014_6202250.jpg
c0108014_6204426.jpg

今回、注文主さまのご希望もあり、特別に装飾付きの付属品を取り付けました。

この楽器の最大の目玉は、バーズアイメイプルの裏板です。オリジナルに合わせてみました。正面で撮影すると、模様が平べったくなってしまいますが、光の当て方を変えたり撮影角度を変えてみると、模様が変化自在に変わります。
c0108014_6215357.jpg
c0108014_6222788.jpg

さて、問題の音はというと・・・。
ガルネリのようなパワーはないのですが、明るくて芯が通っている感じの、密な音です。低音はやわらかく、高音は銀鈴のような・・・。言葉で表現すると、わざとらしくなってしまいますが、サント・セラフィンの特徴がよく出た音なので、今回の結果に満足!というか、正直なところ、「ほっ。」
c0108014_6231499.jpg

ちなみに、この楽器、注文主さまのご好意により、弦楽器フェアにて展示予定です~。
[PR]
Commented by GORO at 2007-10-04 13:06 x
本当にきれいに仕上がりましたね。
胸躍る感じがします。

>この楽器、注文主さまのご好意により、弦楽器フェアにて展示予定です~。

是非とも拝見してみたかったので、大変喜んでいます。
高橋さん、ご注文主さん有難うございます。

とすると、今度は音まで聞いてみたくなってしまうのですが(汗)、試奏コンサートへのエントリーがございましたら、是非とも時間帯をお知らせください。その場合、3日の午後でないことを祈ります。
また、" 構想1年"の中身について、ブログで触れられたほかの苦労話などございましたら、お話を聞かせてください。
それでは楽しみにしています。

Commented by まーさ at 2007-10-04 20:22 x
きれいな楽器ができましたね。
見てるだけでよだれが出そうです。
弦楽器フェア行きますよー。
お会いできるのを楽しみにしています。
Commented by 高橋 明 at 2007-10-06 05:34 x
GOROさま、早速のコメントありがとうございました。
弦楽器フェア、楽しみにしていてください。私も来て頂いたみなさんに実物を見ていただくのが楽しみです。
今回、楽器店での展示のため残念ながら試奏会には参加できないのです。すみません。
構想1年ですが、ほとんどサント・セラフィンの精密なデータを探していた期間です。有名処ではないので、資料も少なかったですね。
Commented by 高橋 明 at 2007-10-06 05:35 x
まーささま、お久しぶりです。やっと完成しました。
弦楽器フェアで実物を見てもらうのが楽しみです。それでは会場で!
Commented by ひかる at 2007-10-07 20:57 x
とってもステキですね!装飾もとてもかわいいですね。

会場で高橋さんとセラフィンちゃんにお目にかかれるのを楽しみにしています♪

高橋さんはいついらっしゃるのでしょうか?なんてまだ帰国も分からないのにわからないですよね・・・・

又教えてください~☆
取り急ぎお疲れ様でした~☆☆
Commented by Szigeti at 2007-10-08 18:54 x
お世話になります。弦楽器フェアに今年は行ってみようと考えているので、楽器と高橋様にお目にかかれるのを楽しみにしております。
構想1年ですか。しっかりした調査のもとに名器は製作されるのですね!
Commented by 高橋 明 at 2007-10-09 07:12 x
ひかるさま、いつもコメントどうも。
弦楽器フェアでセラフィンちゃんとともにお目にかかるのを楽しみにしております。私も行きますよ。問題はまだ飛行機のチケットが確定できてないことですが・・・。(まもなく確定予定) それでは~、会場で!
Commented by 高橋 明 at 2007-10-09 07:16 x
Szigetiさま、どうも。 お会いできるのをこちらも楽しみにしております。会場では、「Szigetiです」とお声をかけていただいたらわかります。
構想1年でも、現物が横にあればすぐに取り掛かれるのですがね・・・(笑) そうはいかないか・・・! 一目現物を見れるだけでもちがうのですが、サント・セラフィンはなかなか博物館で展示されていませんので、大変でした。でも、いい形で実ってよかったです。会場でお披露目されるのを、セラフィンちゃんも楽しみにしていることでしょう。
by akiravln | 2007-10-03 22:40 | 工房日記 | Comments(8)