メモ帳
高橋明ヴァイオリン工房
イタリアのクレモナで開業しています。
ホームページ(現在改装中)
http://www.interq.or.jp/
gold/akiravln/


メールアドレス
akiravln@dh.mbn.or.jp
カテゴリ
全体
工房日記
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ


<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

弦楽器フェア2010のご報告



モンドムジカが終わって、しばらく腑抜けておりました高橋明です。
今年も東京で弦楽器フェアが開催されます。
例年のように、菊田浩さん、天野年員(としかず)さんと3人が宮地楽器のブースに集まります。
今年の最新作をたくさん展示しますので、みなさん来てくださいね~! 宮地楽器のブースでお待ちしております~。

第53回 2010弦楽器フェア
11月5日(金)・6日(土)・7日(日)
10:00~18:00
場所:「科学技術館」東京都千代田区北の丸公園2-1
 (最寄駅 地下鉄「九段下」・「竹橋」)
  
弦楽器フェア公式ホームページ
c0108014_2157426.gif


*****************************

今年で4年目になる私たち3人の参加ですが、例年の我々新作楽器の展示に加え、今回は少し面白い趣向があります。
今年2010年に天野年員さんが10年近くにわたるイタリア滞在を終え、日本に帰国しました。
クレモナで10年間お互いに切磋琢磨した仲間3人で、それまでに何か記念になることができないかと考えていたところ、宮地楽器山本さんの提案で、3人が共同で1台のヴァイオリンを作ることになったのです。
同じ時期にクレモナに渡り、10年の月日を共に歩んできた3人の絆と想いがひとつのヴァイオリンとして結集しました。
計画から足掛け1年以上にわたる共同作業で完成した共同製作ヴァイオリンを、今年の弦楽器フェアでお披露目する予定です。

c0108014_2157446.jpg

c0108014_2158137.jpg

c0108014_21581828.jpg


3人のぞれぞれの個性をひとつに合わせていく。普段とは違った慣れていない作業の連続で、非常に大変でしたが、非常に勉強にもなった作業でした。

3人の作業分担は、
●天野さん 
 表板製作、バスバー、指板製作。付属品取付・セッティング・音調整。
●菊田さん 
 裏板製作、ニス塗り。
●私  
 設計・図面・内枠作成、横板・ネック製作、ボディ組立、ネック取付。
です。


共同製作ヴァイオリンは、クレモナの思い出ということで、クレモナ市庁舎所蔵のストラディヴァリ『クレモネーゼ』がモデルとなりました。
3人で製作するので、各寸法や形状など統一するために、まず私が『クレモネーゼ』を元に図面を作成しました。図面を作成するだけで3ヶ月近くかかりました。また昨年の作業です。
c0108014_21584098.jpg


3人で作業を始めたころの写真です。
c0108014_2158577.jpg


詳しくは、宮地楽器小金井店ホームページ・ブログで詳しく紹介されています。

宮地楽器小金井店ホームページ
第1回 「科学技術館、弦楽器フェアに出展します」
第2回 「共同製作バイオリン、誕生秘話(1)」
第3回 「共同製作バイオリン、誕生秘話(2)」

第4回は、11月3日にアップ予定とのことです。お楽しみに!

完成した3人の共同製作ヴァイオリンは、弦楽器フェアで展示予定です。
フェア会場でお会いしましょう~!!!

*****************************

さてさて、前回のブログで紹介させていただきました第4回ピゾーニェ国内コンクールですが、そのコンクールのプロ部門で優勝いただきましたヴィオラの写真をここで紹介しますね。このヴィオラも、弦楽器フェアで展示予定です~。
c0108014_21593649.jpg

c0108014_21595431.jpg

c0108014_2203389.jpg

c0108014_2204728.jpg

c0108014_2251357.jpg

c0108014_225284.jpg



それでは、皆さん、弦楽器フェアでお会いしましょう!
(まだ帰国準備なにもできてない・・・、アセアセ)
[PR]
by akiravln | 2010-10-30 22:08 | 工房日記 | Comments(8)

第4回ピゾーニェ国内楽器製作コンクールのご報告

前回のモンドムジカの情報が先になってしまいましたが、その直前にコンクールが開催されました。その結果のご報告です。
c0108014_6252016.gif

本年も北イタリアのイゼオ湖にあるピゾーニェ(Pisogne)という街で第4回イタリア国内楽器製作コンクールが開催されました。開催期間は、昨年よりも1ヶ月遅い9月12日~19日でした。
前回の第3回では、私がプロ部門のヴァイオリン、弟子のデボラさんはフリー部門のヴァイオリンで参加し、師弟ダブル優勝を納めさせていただきました。
今年はヴィオラでいこうと、私と弟子のデボラさんは、ヴィオラで参加しました。今回も昨年と同じく私はプロフェッショナル部門、デボラさんはフリー部門での参加です。

ピゾーニェの街は、北イタリアのリゾート地、イゼオ湖の湖畔にある美しい街です。
c0108014_6262644.jpg

c0108014_6265322.jpg

c0108014_6272365.jpg


コンクールの表彰式は9月19日にありました。直前にコンクール事務局から「ファイナルに残っているから、来てね~」という軽い連絡があり(笑)、私とデボラさんは現地に向かったのでした・・・、が・・・!
デボラさん・・・南イタリアの故郷から、一家全員を呼び寄せていました・・・!
クレモナに集合したデボラさん一家、総勢10人+私一人が車3台でピゾーニェの街に向かいました。車2台だったら、私が置いていかれるところだった・・・!
c0108014_62827.jpg


ピゾーニェの街に到着したデボラさん、今回はカジュアルにキメています。
イタリアの渡哲也か?!
c0108014_628284.jpg


表彰式&展示会場は、昨年と同じサンタ・マリア・デッラ・ネーヴェ教会。ローマ時代のフレスコ画で有名な教会です。
c0108014_629723.jpg


教会内部は、コンクール参加楽器が展示されております。(写真は後日展示場を訪れた時のものです)
c0108014_6293327.jpg


表彰式が始まりました。各審査員からのありがたーいお言葉です。
c0108014_6301096.jpg


私こと高橋明は、プロ部門のヴィオラで第一位優勝をいただきました。
審査員のアントニオ・カペラさんから表彰状を受け取っています。別の方を向いているのは、カメラがどこにあるのかわからなかったため・・・(笑)
c0108014_6303985.jpg


そして、弟子のデボラさんは、フリー部門のヴィオラで第一位優勝を獲得しました。やったね~、おめでとう!
c0108014_6311218.jpg


みなさまのおかげで2年続けて師弟ダブル優勝を果たせました! ありがとうございました。
表彰直後の、大満足の私です。マニアックな笑みですね・・・!(笑)
ちなみに私が写っている写真は、友人であり大先輩のロベルト・コッリーニさんが撮影・提供していただきました。ありがとうございました。デボラさん一家が大家族で写した私の写真はすべてブレておりましたので・・・!
c0108014_6323696.jpg


今回、プロ部門で優勝しました、私こと高橋明のヴィオラです。
c0108014_633052.jpg

c0108014_6332196.jpg


そして、フリー部門で優勝した、デボラさんのヴィオラです。
c0108014_6334342.jpg

c0108014_634621.jpg


全体の結果は以下のようになりました。
(例年のように、日本人は赤で表示してあります)

第4回イタリア国内楽器製作コンクール「Pisogne」

 プロフェッショナル部門
  ヴァイオリン
   第1位 PRILIPCO VALERY –PONTENOSSA (ロシア)
   第2位 SU QI – CREMONA (中国)
   第3位 JUN MIN JUN – CREMONA(韓国)

  ヴィオラ
   第1位 TAKAHASHI AKIRA – CREMONA (日本)
   第2位 VILLA MARCELLO – CREMONA (イタリア)
   第3位 JUN MIN JUN – CREMONA(韓国)

  チェロ
   第1位 RIVA MATTIA – VARESE (イタリア)
   第2位 PEIRETTI ALESSANDRO – PAVIA (イタリア)
   第3位 JUN MIN JUN – CREMONA(韓国)

  コントラバス
   第1位 該当なし
   第2位 MUZIO ROBERTO -MILANO (イタリア)
   第3位 該当なし

 フリー部門
  ヴァイオリン
   第1位 SYOTARO NISHIMURA – CREMONA (日本)
   第2位 CHO JUNG TAE – CREMONA (韓国)
   第3位 LIU ZHAO YANG – CREMONA(中国)

  ヴィオラ
   第1位 SCIANAME DEBORA – CREMONA (イタリア)
   第2位 HIDEO NAGAI – CREMONA (日本)
   第3位 SHOTARO NISHIMURA – CREMONA(日本)

  チェロ
   第1位 IM DONG PIL – CREMONA (韓国)
   第2位 SARTORI EDO – VICENZA (イタリア)
   第3位 MERLO FRANCO – VERONA(イタリア)

 学生部門
  ヴァイオリン
   第1位 FERRON VALERIO – CREMONA (イタリア)
   第2位 DI MEO ANDREA – ORVIETO (イタリア)
   第3位 YU JIE – CREMONA(中国)
   最優秀音響特別賞 FERRON VALERIO – CREMONA (イタリア)
  
  ヴィオラ
   第1位 PARK YONSEOK – CREMONA (韓国)
   第2位 YI ING – CREMONA (中国)
   第3位 JI HWA PARK – CREMONA(韓国)

日本人、今回もがんばっております。フリー部門のヴァイオリンで優勝した西村翔太郎さん、おめでとうございます。また、フリー部門ヴィオラで第3位も同時受賞しております。
フリー部門第2位の、ナガイヒデオさん、おめでとうございます。
そして、毎年のことながら、韓国勢、中国勢も大きく台頭してきております。がんばれー、日本人~!

さて、今回優勝をいただいたヴィオラ、東京の弦楽器フェアの宮地楽器ブースにて展示予定です。お楽しみに~!!!



*****************************


さてさて、今回からこのコンクールにはアンティーク仕様・コピー仕様の楽器コンクールが同時開催されました。なんとこちらは国際コンクールです。第1回ピゾーニェ国際楽器製作コンクールで、オールドのように古く見せかけた楽器を審査するアンティーク仕様部門と、古い楽器を忠実にコピーしたコピー仕様部門があります。
c0108014_6355267.jpg


実は私もこのコンクールも参加しました。以前製作したヴァイオリンで、コピー仕様部門での参加です。
第1回ということもあり、あんまり参加者が集まらないだろうとタカをくくっていたのですが、ふたを開けてみると全世界からオールド仕様を専門とする強豪が集まってきていて、かなりの難関でした。
私の参加楽器は惜しくも入賞は逃しましたが、佳作入選(Segnarato)をいただきました。

第1回ピゾーニェ国際楽器製作コンクール

 アンティーク仕様部門
  第1位 GIRARDINE PHILIPPE (スイス)
  第2位 CROTTI MATTEO  (イタリア モデナ)
  第3位 HAENZEL ANDREAS  (ドイツ)
   最優秀音響特別賞 GIRARDINE PHILIPPE (スイス)

  佳作入選
   LUCA BARATTO – CREMONA (イタリア)
   TAKAHASHI AKIRA – CREMONA (日本)
   VILLA MARCELLO – CREMONA (イタリア)

 コピー仕様部門

  第1位 GOOCH NICHOLAS (イギリス)
  第2位 PACZ PAL (ハンガリー)
  第3位 SPIROV RUMEN  (ブルガリア)

  特別賞
   BURNEY GREGORY (アメリカ)
   DE BONIS ROSALBA
   GIRARDINE PHILIPPE (スイス)
   MERLO FRANCO  (イタリア)
   VANDEKERCOWE (ブルガリア)
   VILLA MARCELLO (イタリア)
   WHITE LEVER PETER (アメリカ)

  佳作入選
   TAKAHASHI AKIRA  (日本)
   PIETROPAOLO GLIREO (イタリア)
   STELZER GIANMARIA (イタリア)

私の作品、なぜか両部門で佳作入選に選ばれています。 コピー仕様部門で出品したのですが、アンティーク仕様としても評価されたのだろうか?
私のつたない作品の写真は、はずかしいのでここでは掲載しませんね。
代わりに、アンティーク部門で優勝したスイスのGIRARDINE PHILIPPEさんの作品で、ニコロ・アマティのヴァイオリンのコピーです。すばらしい!
c0108014_6362140.jpg


今回、この国際コンクールにはヴァイオリンのみならず、ヴィオラ・チェロ、ギターやバロック楽器などが参加し、面白いコンクールとなりました。
最近、私はオールド仕様やコピー楽器を作っていないですが、近いうちにまたチャレンジしたくなりました。がんばって作るぞ~!
[PR]
by akiravln | 2010-10-11 06:48 | 工房日記 | Comments(10)

クレモナのモンドムジカ、無事終了!

今年もクレモナの弦楽器見本市「モンドムジカ」が10月1日~3日まで開催されました。例年より少し小さめになったモンドムジカですが、土・日はたくさんの来場客で賑わいました。
c0108014_2119339.jpg


前回の告知の通り、今年初めてモンドムジカに参加しました。同僚の菊田浩さん、友人のアレッサンドロ・メンタさんとの3人共同ブースです。写真は開催直前の私たちのブースです。
c0108014_21193913.jpg


私たちのブース名は、「MENTA – KIKUTA – AKIRA」でした!
なぜ私だけ苗字ではなくて名前なのかと言うと・・・、TAKAHASHIってイタリアでは読みにくいし、コンクールなどでは必ず間違えられてしまうのです。その上、タカハシやタカシってクレモナにもたくさんいますので・・・。 逆に、いまのところアキラはクレモナでまだ私一人です。イタリア人から覚えられやすいですし・・・。 
c0108014_212031.jpg


一人が1台のヴァイオリンを展示しているだけ、3台のヴァイオリンだけのシンプルなブースです。 ガラスケースに納めてみました。
c0108014_21202658.jpg


正面の壁には、私たちの3人のポスターを貼りました。それぞれの楽器の写真をポスターにしました。
c0108014_21216100.jpg


私の楽器のポスターです。プロに撮影してもらった写真で、本年のミッテンヴァルトに出品したヴァイオリンです。
c0108014_21214840.jpg


名刺やポストカードも作成して配布しました。今年の弦楽器フェアにも持って帰って、来場者のみなさまにお渡しできる予定です。ご依頼があれば、直筆サインも・・・?!
c0108014_21222351.jpg


もう一面の壁には、私たち3人のクレモナでの写真がパネルに入っております。私の写真もちらほら見えますね。
c0108014_21232645.jpg


今回モンドムジカに出品した私のヴァイオリンです。前回と引き続き、1枚板の裏板が目を引きます。
c0108014_2124156.jpg

c0108014_21242221.jpg


同じく、菊田さんの出品作です。いつもの通り、繊細で魅力のある作品に仕上がっております。
c0108014_21244774.jpg

c0108014_2125169.jpg


アレッサンドロ・メンタさんの作品です。深い赤色のニスで、元気で張りのある音が特徴です。
c0108014_2125376.jpg

c0108014_21255969.jpg


日本から宮地楽器の山本さんも来てくれました。メンタさんの作品を試奏しているところ。
私は後ろで、なにかギャグをかませないかと思案しているところ。
c0108014_2126426.jpg


菊田さんと、試奏している山本さんの後ろへ回って、おふざけ写真。
モンドムジカで疲れてくると、こういうおふざけもやってしまいます。それも気の合う仲間同士だからできることです。
c0108014_2127230.jpg


モンドムジカ開催期間中に、私たちのブースにいろんな人が訪れてくれました。
写真は、クレモナの大御所ジョ・バッタ・モラッシさんが私たちのブースに来てくれました。私たちの展示楽器を用いて、来場客にクレモナスタイルの説明をしているところです。
なんとも光栄なひと時でした。
c0108014_21272041.jpg


私のテレビ番組(関西限定)で特別出演していただいた、ドイツ在住のヴァイオリニスト石崎さんも来ていただきました。
c0108014_2127403.jpg


来場客の合間に、向かいの木材のブースで物色している菊田さんとメンタさん。菊田さんの隣にいるのは今回手伝いに来てくれた百瀬くんです。
c0108014_2128385.jpg


私たちの師匠もグループで参加しておりました。私の師匠のサンドロ・アジナリさん、マルコ・オジオさん、ファブリーツィオ・ポルタンティさん、そして菊田さんやメンタさんの師匠のニコラ・ラッザリさん、4人の共同ブースです。
c0108014_21283974.jpg


来場者にせがまれて、つたない演奏を私も披露!
c0108014_21291340.jpg


シメオネ・モラッシさんとジョヴァンニ・バティスタ・モラッシさんも私たちのブースを訪れてくれました。みんなで記念写真。
c0108014_21292962.jpg


そのほかにも、たくさんの来場者・訪問者が私たちのブースを訪れてくれました。
すべては紹介しきれないですが、訪れていただいたみなさんには感謝です!
最後に3人で記念撮影。最終日なので、みんな疲れの色が見えますが、このような場を与えていただいたみなさんに感謝します。あらためて、どうもありがとうございました!
c0108014_21294864.jpg


この次にみなさんにお会いできるのは、東京の弦楽器フェアです。
たのしみにしていま~す!!!
[PR]
by akiravln | 2010-10-10 21:31 | 工房日記 | Comments(0)




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧