弦楽器フェアから間もないですが、名古屋のヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリンにて、秋の展示会が開催されます。
クレモナの新作楽器に混じって、私の新作ヴァイオリンも展示されます。

c0108014_23183989.jpg

ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン 秋の展示会
場所:ヴィルトゥオーゾ名古屋駅前店
日時:2012年11月23日~25日
詳しくは、ヴィルトゥオーゾの公式ホームページまで。
c0108014_2319124.jpg


私のクレモナ製作学校での先生、プリモ・ピストーニ先生のヴァイオリンも展示されます。
みなさん、ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ~。

先行して、私の展示予定のヴァイオリンをご紹介します。
この楽器は、弦楽器フェアで展示した楽器と同時に作っていたヴァイオリンで、今回初公開です。(つまり、弦楽器フェアには展示していない楽器です)もちろん2012年作で、今のところ最新作の一つです。

いつものことながら、クリックするとでかくなりますよん!
c0108014_23195345.jpg

c0108014_23201265.jpg

c0108014_23202635.jpg

c0108014_23204728.jpg

c0108014_2321160.jpg

c0108014_23211981.jpg

c0108014_232131100.jpg

c0108014_2321412.jpg

c0108014_23222715.jpg

c0108014_23224664.jpg

c0108014_2323872.jpg



下の写真は、今回帰国前に完成したヴァイオリン3台です。
左から、今回ヴィルトゥオーゾ秋の展示会で展示予定のヴァイオリン、
中央は、宮地楽器小金井店でこのたび新しく展示見本品になるヴァイオリン、
右は、弦楽器フェアで展示したヴァイオリン(販売済)です。
c0108014_23241227.jpg

c0108014_23243078.jpg

2012年下半期のヴァイオリン3兄弟でした~!!



残念ながら、私は前日の22日にイタリアへ帰ってしまうので、見に行けません~!
もう少し滞在日程を延ばしていれば、見にいけたのに~!! 残念!!!
みなさま、私の分まで秋の展示会を楽しんできてくださいませ~!
[PR]
by akiravln | 2012-11-17 23:26 | 工房日記 | Comments(8)

弦楽器フェアが終わってから、しばらく経ってしまいました。
フェア終了後、数日東京で仕事して、現在地元の大阪に滞在しております。
しかし、大阪に到着したとたん、フェアなどの疲れが出たのか、大風邪を引いてしまいました! 大阪で休養をするつもりが、療養しておりました・・・。
やっと、体調がよくなってきたので、遅くなりましたが弦楽器フェアのご報告とお礼です。

弦楽器フェアに来て頂いたみなさま、どうもありがとうございました。
今年のフェアは、初日の金曜日から盛況でした。


今年の弦楽器フェアの、宮地楽器小金井店ブースです。
c0108014_1828865.jpg


私は、ヴァイオリンを4台出品しました。(写真の右から4台です)
c0108014_18282259.jpg


ヴィオラ(写真の右側4台)は、菊田さんが3台、私は1台(右端)です。
今年は菊田さんのヴィオラ豊作の年でしたね!
c0108014_18283781.jpg


ガラスケースには、菊田さんの最新作のヴァイオリンが展示されました。
c0108014_18285330.jpg


ちなみに、このガラスケースの中のヴァイオリンスタンド、私がイタリアにて日本出発の前々日に急遽製作したものです! 私の楽器よりいい出来かも!?
c0108014_18291975.jpg


今年も例年に引き続き、試奏を代行するプロの演奏家が宮地楽器ブースに常駐していただきました。今年は佐々木梨花さんでした。
楽器の音を離れて客観的に聞きたい人や、人前で演奏するのが苦手な人にはいいですね。
c0108014_18293738.jpg


こんな感じで、3日間大盛況でした。
改めて、ご来場していただいた皆様、どうもありがとうございました。
c0108014_18295113.jpg


3人で記念撮影。フェア前日なので、みんなまだ元気そうです。(笑)
c0108014_1830865.jpg


フェア3日目終了後、宮地楽器ブースのみんなで記念撮影。
みんな疲労の極限状態ですが、さわやかな達成感で笑顔がこぼれます。
c0108014_18302089.jpg


改めて、弦楽器フェアに来て頂いたお客様、どうもありがとうございました。
そして、ご都合でフェアに来られなかった皆様も、来年は楽しみにしております~!
[PR]
by akiravln | 2012-11-16 18:30 | 工房日記 | Comments(6)