<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

コンクールのご報告

またまたブログの更新をごぶさたしてしまいました。コンクール参加のため、夏前から仕事に大忙しでした。

さて、9月12日から15日まで、スロバキアのDolny Kubinという街で国際ヴァイオリン製作コンクールがありました。第5回Violino Arvenzisというコンクールです。
前回は2年前の2011年にも開催され、私は第2位シルバーメダルを受賞したコンクールです。
今年は、私は2台のヴァイオリン、同僚の菊田さんは1台のヴァイオリンで参加しました。

c0108014_23225360.jpg


結果からお伝えしますと、私こと高橋明が第1位優勝ゴールドメダルを頂きました。2台で出品したもう一つは第5位入賞をいただきました。
また、同僚の菊田さんも大健闘で第3位ブロンズメダルを獲得しました。
みなさまの応援のおかげで、よい報告をできることをうれしく思っております。どうもありがとうございました。

c0108014_23233314.jpg


最終審査1日前の9月14日の午後に、コンクール側から同僚の菊田さんと私がファイナルに残っているとの連絡があり、急遽菊田さんご夫婦と一緒にスロバキアに行ってきました。菊田さんの車で、片道12時間の旅です。私はゴールド免許を持っていますが、年季の入ったペーパードライバーなので、運転は菊田さんご夫妻にお任せし、ナビに徹しました。

現地の最終審査会場にやっとのことで到着したのは、最終審査も半ばも過ぎたころでした。最終審査は、それまでの3回の予選で絞られた上位6台の楽器で、オーケストラバックでヴァイオリン協奏曲が演奏されます。

c0108014_23235935.jpg


c0108014_2324369.jpg


審査は、ラベルなしの楽器で匿名の審査が行われます。楽器はコンクール側がセレクトした番号で行われるので、誰の楽器が演奏されているかわかりません。
あとでわかったことですが、我々が会場に入ったときに演奏されていたのは、偶然にも菊田さんの楽器でした。(写真上)

ほとんど徹夜でかけつけた私と菊田さん。間に合った安堵感と緊張感と感動でいっぱいです。

c0108014_2325560.jpg


また、その次の演奏では、私の優勝を頂いた楽器が演奏されました。(あとでわかったことですが、ぎりぎり間に合って、自分たちの楽器の音を聴けたこと自体が奇跡のようです) (写真下)

c0108014_23253256.jpg


最終審査の一部しか聴けませんでしたが、どの楽器も良く響いていていました。自分たちの楽器がオーケストラ伴奏で演奏されているかと思うと、感動ものです。

最終審査が行われたホールにあった、糸巻きのモニュメントで記念撮影。死ぬほど疲れている二人ですが、最終審査も終わり、ほっと一息。

c0108014_2327985.jpg


その日の夕方に結果発表と表彰式がありました。表彰式会場前です。
c0108014_0272568.jpg



表彰式の様子です。

私は、第1位優勝ゴールドメダルをいただきました。
審査委員長のシメオネ・モラッシさんから表彰状をわたされます。喜びもひとしおです。

c0108014_23273767.jpg

c0108014_2328442.jpg

c0108014_23282410.jpg


第1位優勝ゴールドメダルの表彰状です。
でも、「ゴールドメダル」とは書いてあるけど、メダル自体は無いのねん・・・。とほほ!
c0108014_23461924.jpg


第3位ブロンズメダルは、同僚の菊田さんでした。また、菊田さんは最優秀技術特別賞とイタリアヴァイオリン製作協会ALIの特別賞も受賞しました。
おめでとう!菊田さん!
c0108014_23284674.jpg

c0108014_2329668.jpg

c0108014_2329412.jpg


さて、第2位シルバーメダルはポーランドのタデウスさんでした。タデウスさんはポーランドのヴィエニアウフスキーコンクールなど多くのコンクールで審査員を勤められております。
タデウスさんは、第2位の他に最優秀音響特別賞も同時受賞されました。
c0108014_23301915.jpg


菊田さんと、受賞した表彰状を持って記念撮影。
いっしょに受賞できて、よかったですね。菊田さん。
c0108014_23303983.jpg


菊田さんご夫妻も記念撮影。
奥様もうれしそうです。長旅してきた甲斐がありましたね!
c0108014_23311232.jpg


実は菊田さんの楽器、技術審査の第一次予選から、音響審査の第2次・第3次予選までぶっつづけで第一位のままでした。これもすごい快挙です。私を含め、誰もが優勝確定と思っておりました。最終の第4次本選で、私の楽器とタデウスさんの楽器がオーケストラ伴奏に負けない音量が出たとのこと、順序が入れ替わったとのことです。それだけ、僅差で激戦だったことが伺えます。

表彰式の最後は、私の優勝楽器でソロ演奏がありました。バッハの無伴奏ソナタが演奏されました。芯のある太い音が響いていました。感動的な時間でした。激戦を戦ってくれた楽器にも、おつかれさまと言いたいです。(演奏中フラッシュが使えなかったので、暗い写真ですみません)
c0108014_23313764.jpg


また、今回のコンクールは日本人も多数参加しており、入賞はしなかったものの、大健闘しました。
西村翔太郎さんが第8位、輪野光星さんが第10位でした。
みなさん私や菊田さんのクレモナの後輩です。おめでとう~。

そして審査員たちと記念撮影です。
左から、コンクール実行委員長のレオナルドさん、審査委員長のシメオネ・モラッシさん、
右端は今回から審査員で、前回の優勝者のマルコ・オジオさんです。
c0108014_23321189.jpg


実は、この優勝楽器はコンクールに永久保存されます。
ですので、私自身この楽器を見れるのはこれで最後なのです。
最後のチャンスで、シメオネさんに見てもらい、アドヴァイスをもらいます。
c0108014_23324824.jpg


最後の別れを惜しむように、楽器と記念撮影です。
c0108014_23334179.jpg


参加者たちの楽器です。表彰式後、楽器返還の時の撮影ですので、もうすでに引き取られた楽器もあり、閑散としています。中央にあるのが、私の楽器。
c0108014_233408.jpg


ここでも、楽器と記念撮影。遠い異国で、がんばるんだよ~!(涙!!)
c0108014_23351962.jpg


さて、無事表彰式も終わり、一晩ゆっくり寝てから翌朝またクレモナに向けて出発します。
でも、せっかくここまで来たのだからと、近くの古城オラヴァ城を見学することになりました。
c0108014_23354231.jpg

c0108014_2336381.jpg

c0108014_23363662.jpg

菊田さんご夫妻も、わずかな時間の観光、楽しめたようです。
お疲れ様でした~、そしておめでとう~!!
そして、私をスロバキアまで連れてきてくれて、ありがとう~~!!

コンクールの詳細は、コンクール公式ホームページでも見れますよん。
Violino Arvenzis
http://www.violinoarvenzis.eu
/




さて、最後に私の優勝楽器の写真を掲載しますね。
提出前に急いで私が撮影した写真です。
コンクールから戻らないとわかっていれば、もっと綺麗に撮影してあげたらよかった~!

c0108014_2340330.jpg

c0108014_2340253.jpg
c0108014_23411037.jpg

c0108014_23414978.jpg
c0108014_23421039.jpg
c0108014_23425959.jpg
c0108014_2343162.jpg

c0108014_23435057.jpg

c0108014_23441216.jpg
c0108014_23443523.jpg

[PR]
by akiravln | 2013-09-18 23:56 | 工房日記 | Comments(22)




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧