トリエンナーレに出品した楽器紹介

前回ご紹介したトリエンナーレコンクールに出品した楽器(ヴァイオリンとヴィオラ)を改めてご紹介いたします。

今回、この楽器たちは10月30日~11月1日に開催される弦楽器フェアの宮地楽器小金井店ブースにて出品予定です。ぜひ皆様、会場で手に取ってみてくださいませ。
c0108014_23968.jpg

フェア オフィシャルサイト 
宮地楽器 弦楽器フェア出店のご案内

まずは、ヴァイオリンから
このヴァイオリンは、トリエンナーレコンクールでは総合11位でした。裏板は美しい1枚板、表板は木目が強く浮き上がったような仕上げを目指してみました。
c0108014_23102328.jpg

c0108014_23104027.jpg

c0108014_2311121.jpg

c0108014_23111722.jpg

c0108014_23114592.jpg

c0108014_23115348.jpg

c0108014_2312562.jpg

c0108014_23121773.jpg

c0108014_23125185.jpg

c0108014_2313787.jpg

c0108014_23131890.jpg


**********************************************************

次は、ヴィオラ。410mmの胴体長さです。
コンクールでは総合18位でした。このヴィオラも印象的な1枚板。表板の荒々しいほどの木目も特徴的です。コンクールの技術審査では高得点をいただきました。

c0108014_2314555.jpg

c0108014_23141398.jpg

c0108014_23143046.jpg

c0108014_23143727.jpg

c0108014_23144914.jpg

c0108014_23145945.jpg

c0108014_23151070.jpg

c0108014_23152180.jpg


このヴィオラ、弦楽器フェアで開かれる試奏コンサート(ヴィオラの部前半10月30日(金) 12:00~12:45)にて演奏予定でず。お楽しみに~!

次回は、クレモナから持ってきた最新作をご紹介!! フェア本番まで間に合うのか?!
(間に合わなかったら、フェアに来てからのお楽しみということで・・・泣!)
[PR]
# by akiravln | 2015-10-27 23:16 | 工房日記 | Comments(2)

弦楽器フェアの告知と、トリエンナーレコンクールのご報告

9月からクレモナのトリエンナーレ国際楽器製作コンクールやモンドムジカ(クレモナの弦楽器見本市)などが重なり、あわただしい期間がすぎて、あっという間に東京の弦楽器フェアが迫ってきました!
今年は2015年10月30日(金)~11月1日(日)の3日間で開催されます。

宮地楽器小金井店の弦楽器フェア紹介ページ

今年も宮地楽器小金井店のブースにて、クレモナのヴァイオリン製作者、菊田浩、百瀬裕明、西村翔太郎とともに、私こと高橋明も参加いたします。
c0108014_417287.jpg


c0108014_4172113.jpg

第58回 2015 弦楽器フェア
主催   日本弦楽器製作者協会(JSIMA)
会期   2015年10月30日(金)~11月1日(日)  各日10:00~18:00
会期   科学技術館 (東京都千代田区北の丸公園2-1) ⇒ 地図・交通案内
入場料  1,000円 (全イベント3日間有効・高校生以下無料)

ぜひとも、みなさん会場にいらしてくださいませ~!!

私は、ヴァイオリン3台とヴィオラ1台を展示いたします。
宮地楽器の見本品であるヴァイオリンは昨年の作品ですが、その他はすべて今年の作品で、先日クレモナで開催されたトリエンナーレに出品したヴァイオリンとヴィオラ、そして 完成したばかりの最新作のヴァイオリンです。

その中で、今年の9月に開催されたクレモナのトリエンナーレ楽器製作コンクールに参加した楽器(私はヴァイオリンとヴィオラ)をご紹介いたします。

3年に一度クレモナで開催される楽器製作コンクール、トリエンナーレコンクール。今年は第14回。9月4日から10月11日まで開催されました。

 下塗りを終えて、やっと色ニスを塗り始める前のヴァイオリンとヴィオラ。
c0108014_4174514.jpg

この後、クレモナにも例年にないくらいの猛暑が訪れて、熱帯夜と猛暑の中で睡眠不足と過労でへとへとになりながらのニス塗り作業でした。

やっと完成した楽器たちの提出風景。
c0108014_418592.jpg

専門の検査官が、コンクール規定に則っているかどうかを検査します。内部もライトを挿入して、中にラベルや焼印など製作者が特定される目印がないかを検査されます。
c0108014_4181723.jpg

c0108014_4182877.jpg


提出楽器の数は、ヴァイオリンは195台、ヴィラオが82台、チェロ58台、コントラバスが16台の総351台。
その中で、コンクール規定に則っていない楽器などが落とされて、審査に進めて最終的に展示されたのがヴァイオリン191台、ヴィオラ80台、チェロ57台、コントラバスが15台でした。

提出後、楽器製作家の審査員5人が外観審査をし、その上位のごく一部が音響審査に進むことができました。音響審査に進めたのはヴァイオリン195台うち上位58台のみで、137台は外観だけで弾かれずに審査されてしまったことになります。ヴィオラの場合、82台のうち上位31台のみが音響審査を受けることができるという厳しい審査でした。

最終的に、外観・音響審査の点数を総合して、ヴァイオリン7台、ヴィオラ5台、チェロ6台、コントラバス3台の、計21台が最終音響審査に進むことができました。。
最終音響審査(ファイナル)は9月19日に一般公開で行われました。
c0108014_4191340.jpg

 審査員や一般入場者は、舞台前面だけに着席でき、奏者の前には大きなカーテンが張られており、楽器や奏者が見えないようになっております。
c0108014_4193071.jpg


 9月23日に、受賞発表・表彰式が行われました。
結果は、なんとヴァイオリン部門・チェロ部門・コントラバス部門が第1位なしという厳しい結果となりました。

翌9月24日から開催された、コンクール参加楽器の展示会の模様。
c0108014_420290.jpg

c0108014_4201427.jpg


私のヴァイオリンは、技術点・音響点も高く評価してもらえて、ファイナルに近くまで進めたのですが、ファイナルには食い込めず、総合第11位でした。
展示会の私のヴァイオリン。(写真中央)
c0108014_4205871.jpg

c0108014_4212765.jpg

c0108014_4214672.jpg


楽器を持って、記念写真!
ファイナルに残れなかったものの、いい成績を残せたので、少し安堵の表情!(笑)
c0108014_422712.jpg



私のヴィオラは、外観はかなり高く評価してもらえたのですが、音は審査員の好みに合わなかったようで少し順位を落として、総合18位でした。
c0108014_4223244.jpg

c0108014_4224719.jpg


工房の同僚の菊田浩さんも、お隣の第17位でした。並んで展示されました。
(柱を挟んで、左側が菊田さん作、右側が高橋明作)
c0108014_4233962.jpg


別室に展示された入賞者の楽器の展示室。
c0108014_4235559.jpg


今回、唯一の第1位受賞者は、ヴィオラのCharles Coquetさん(フランス)
c0108014_4241678.jpg


イタリアからは、ダヴィデ・ソラさんがヴァイオリンの第3位、日本人ではチェロでファイナルに残った永石勇人さんがファイナル受賞されました。おめでとうございます~!

そんな中で、元弟子だったデボラ・シャナメさんが大健闘してくれました。ファイナルは逃したものの、第9位に食い込んで高い評価を受けて、特別賞(サビーノ・プレティ賞)を受賞しました。
c0108014_4245538.jpg

おめでとう~、デボラさん。

最後に、再度告知! 宮地楽器ブースの「紅の豚」!(笑)
 ヴァイオリンを作らない豚は、ただの豚だ!!! ブヒ~!!
c0108014_4251382.jpg


個別の参加楽器の紹介は、また改めて・・・。(フェア本番までに間に合うのか?!)
[PR]
# by akiravln | 2015-10-25 03:55 | 工房日記 | Comments(2)

またまた新作楽器完成!写真と動画にてご紹介!

先日、また次のヴァイオリンが完成しましたので、ここでご紹介します。
この時期、上半期の完成ラッシュです!
今回もストラディヴァリの1715年”Il Cremonese”モデルです。
c0108014_15454645.jpg

c0108014_1546160.jpg

c0108014_15462433.jpg

c0108014_15464374.jpg

c0108014_1547161.jpg

c0108014_15473176.jpg

c0108014_15475533.jpg

c0108014_15481587.jpg

c0108014_15484422.jpg

c0108014_15491054.jpg

c0108014_15503098.jpg

c0108014_1551197.jpg

c0108014_15511517.jpg

c0108014_15513150.jpg


今回、この出来立てほやほやの新作楽器で私が演奏したのを録画してみました。
動画で使用した映像は、15年前のビデオカメラPanasonicのNV-MX2000。
c0108014_15515748.jpg

しかし、長年使わなかったので、動くだけでも奇跡! 画像が少しボケているのは、レンズにカビが生えたためだろうか?!

音声は昨年入手したSonyの音楽用ビデオカメラ、SonyのHDR-MV1を使用しました。
c0108014_15521771.jpg


まずは、手慣らしの演奏。曲ではなく、楽器の特性を見るための演奏です。


次は、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲から冒頭部分を演奏してみました。


調子に乗った私は、現在練習中のJ.S.Bach「シャコンヌ」も弾いてみました。
まだ練習中で未完成ですが・・・。しかし、ヴァイオリン演奏はレイトスターターでほとんどの独学の私が「シャコンヌ」に挑戦するのは、無謀というかチャレンジャーというか怖いもの知らずというか・・・(笑) 
(ご存じない方のために、バッハの「シャコンヌ」は技術的にも音楽的にもプロのヴァイオリニストが一生をかけて勉強していくような難しい曲です)



私のシャコンヌを聞いて、気分が悪くなった方のために(笑)、お口直しならぬ「お耳直し」。Youtubeで見つけたプロが演奏するシャコンヌのお手本画像。
演奏はなんと、今をときめくヴァイオリニストのジョシュア・ベル!
使用楽器はなんとなんと、1713年製ストラディヴァリの“ex.フーベルマン”!!

演奏者の腕も楽器も演奏環境も録音も、私の映像とは雲泥の差がありますね! しかし、一番大きな違いは奏者のルックス!(←そこかい!!) 
さすがジョシュア・ベル、私のように音を外したりしない。でも、演奏に無駄な動きが多いところは似てるかも?!(笑)
[PR]
# by akiravln | 2015-06-03 16:14 | 工房日記 | Comments(4)

工房名物 白マリモ?!

名古屋や東京の展示会も盛況のうちに終了したようで、なによりです。

さて、今回は楽器の話ではなく、おもしろい話題をひとつ。

この時期の工房のこの時期限定の名物、「白マリモ」!
阿寒湖のマリモは天然記念物ですが、当工房の「白マリモ」も天然です。(でも記念物ではない!)

さて、「白マリモ」とは何かというと・・・、

毎年春のこの時期(4月末から5月中旬)、クレモナではポプラの綿毛が街中に舞い飛んでおります。

私と菊田さんの共同工房の玄関には、車を駐車できる3メートル四方の空間がありますが、前の通りのチリやほこりが風に乗って工房の正面に自然に集まってくるのです。
そして、風の向きや前の通りを通過する車の風圧によって、竜巻のように回転します。

この自然現象とポプラの綿毛が組み合わさると・・・、

回転して転がった綿毛が、自然に集まって丸くなり・・・
この時期限定の工房名物「白マリモ」の誕生です!
c0108014_1721974.jpg

c0108014_17203510.jpg

c0108014_172144100.jpg


近所の子供たちにも人気です。(うそ・・・!)
c0108014_17221623.jpg


最終的にはこんなに大きな塊になるまで自然に成長します。
c0108014_1723259.jpg


白マリモが風に乗って転がるようすを動画で撮影してみました。

現在はポプラの綿毛の時期も終わりましたが、もったいないのでしばらくは白マリモはそのままにしておこう。
(ただ、掃除がめんどくさいだけだったりして・・・!)
[PR]
# by akiravln | 2015-05-26 17:26 | 工房日記 | Comments(4)

楽器展示会のお知らせ

私の楽器が展示されている展示会が各地の楽器店にて開催されておりますので、ご紹介します

まずは名古屋のヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン。

名古屋駅前店10周年記念フェア
2015年5月22日(金)~24日(日)
c0108014_1828243.jpg

c0108014_18281823.jpg


前回ご紹介させていただいた私の最新作が展示・販売されております。

Akira Takahashi 2015 Violin
c0108014_17515117.jpg

c0108014_17524297.jpg

c0108014_1753360.jpg

c0108014_17532665.jpg


そして、ヴィルトゥオーゾさんは、先日5月5日 京都に支店を開店されました。

ヴィルトゥオーゾ京都四条烏丸店のご紹介

c0108014_18273776.jpg




**********************************************
次は、宮地楽器小金井店で現在開催されている弦楽器フェアです。
c0108014_1824753.jpg


宮地楽器小金井店 弦楽器フェア
2015年5月16日(土)~24日(日)

宮地楽器さんでは、2014年に製作した私のヴィオラが展示・販売されております。
このヴィオラは、2014年に開催されたドイツ・ミッテンヴァルトの国際弦楽器製作コンクールにて、第4位をいただいた現品です。 興味ある方は、小金井にゴー!!

Akira Takahashi 2014 Viola 2014年ミッテンヴァルト国際弦楽器製作コンクール第4位作品
c0108014_183862.jpg

c0108014_18382451.jpg

c0108014_18383852.jpg

c0108014_18385493.jpg


コンクール開催時のミッテンヴァルトの写真
c0108014_18271060.jpg

[PR]
# by akiravln | 2015-05-22 21:40 | 工房日記 | Comments(4)




イタリアのクレモナで活動しているヴァイオリン製作工房
by akiravln
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
junjunさま、こんに..
by akiravln at 21:01
高橋さん。こんにちは、 ..
by Junjun at 13:55
junjunさま、こんに..
by akiravln at 14:18
高橋さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 13:24
みやうちさま、こんにちは..
by akiravln at 07:51
7日は諸々ありがとうござ..
by みやうち えりこ at 19:39
シカさま、こんにちは。「..
by akiravln at 00:33
junjunさま、こんに..
by akiravln at 00:25
5月5日の「バイオリンた..
by シカ at 16:51
高橋さん、バイオリンたん..
by Junjun at 10:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧