スロバキアでコンクールが開催されました

一昨日、スロバキアから帰ってきました。

というのも、ヴァイオリン製作コンクールが開催されていたからです。

c0108014_4492645.jpg


今回のコンクールは、スロバキアのDolny Kubinという街で開催された”Violino Arvenzis 2011”というコンクールで、9月16日~18日の期間開催されました。

2006年から2008年まで毎年あったのですが、その後一時休止になり、今回が改めての開催となりました。
久しぶりなので、私もクレモナの製作者仲間と一緒に参加しました。

私は、友人の製作者ダニーロ・フィオレンティーニさんと一緒に、2006年・2007年と楽器搬入で現地に行きましたので、丸4年ぶりの訪問になりました。

Dolny Kubinの街並み。なつかし~!
c0108014_4544599.jpg

c0108014_4551384.jpg


結論を先に言うと、結果は、
クレモナの製作者仲間のマルコ・オジオさんが優勝しました!
わ~、おめでと~!!
また、2台出品した私は、2位と4位を頂きました。
またマルコさんとともに、最優秀技術特別賞も頂きました。

ファイナリストが決まった17日の夜に、コンクール側から呼び出しがあり、マルコさんと一緒にスロバキアに急遽出発することになりました。
ポーランド経由(4ヶ月に2回もポーランドに行くことになるとは・・・)で、スロバキアに入り、現地に到着したのが18日の午後6時。
表彰式にぎりぎり間に合ったのでした。

表彰式があった建物の入り口。
c0108014_4564820.jpg

c0108014_4571052.jpg


表彰式の風景です。
実行委員と審査員のメンバーが並んでおります。
ヴァイオリニストや音楽家の審査員が多いようですね。
c0108014_4574162.jpg

c0108014_458319.jpg


優勝そして最優秀技術特別賞を受賞したマルコ・オジオさん。
長旅の疲れもどこかに吹っ飛んで、うれしそうです。
c0108014_4582764.jpg


そして、2位・4位・最優秀技術特別賞を頂いた私。
審査委員長のシメオネ・モラッシさんから表彰状を受け取ります。
c0108014_4585090.jpg


このコンクール、ファイナルに残った上位5台の最終審査は、フル・オーケストラをバックにしたコンチェルトの音響審査だったそうです。
オジオさんの楽器はもちろん、私の2台の楽器もオーケストラ伴奏で演奏されたようです。
残念ながら私たちの到着には間に合わず、聴けませんでした・・・。

また、今回クレモナから一緒に参加した、友人のアレッサンドロ・メンタさんも総合大6位、菊田浩さんは総合第7位とクレモナ勢大健闘でした。みんなおめでと~!

今回出品した楽器は、前回ブログで掲載した蝶杢(ちょうもく)がたくさん表板に入ったヴァイオリン、名づけて「蝶杢くん」。
そしてもう1台は、前々々回に掲載したポーランドのコンクールに出品したうちの1台、名づけて「ポツナンくん」です。

今回、総合2位と最優秀技術特別賞を頂いたのは、「蝶杢くん」です。
再度掲載しますね。
c0108014_19271647.jpg


c0108014_19273356.jpg


c0108014_19275724.jpg


c0108014_19282084.jpg


c0108014_19283725.jpg


c0108014_19285310.jpg


c0108014_19291157.jpg


c0108014_1935913.jpg


c0108014_19295148.jpg


c0108014_1930843.jpg


c0108014_19302632.jpg



また、総合第4位を頂いたのは、「ポツナンくん」です。
c0108014_5291029.jpg


c0108014_5303656.jpg


c0108014_5305763.jpg


c0108014_5311881.jpg


c0108014_5315080.jpg


c0108014_532299.jpg



2日でスロバキアを往復した強行軍でした! クレモナに戻ってきてから3日経ちますが、まだ疲れが抜けません~!(笑)
これから、モンドムジカ、東京の弦楽器フェアと忙しい日々が続きます。
がんばらなければ~!!!
[PR]
by akiravln | 2011-09-22 05:10 | 工房日記